歯周病から守る処置、健康に保つ処置

東内歯科クリニック TOP > インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント基礎知識

「インプラント」をご存知ですか? インプラントとは英語で「implant」と表記し、訳すと「埋め込む」という意味です。歯科業界ではインプラントはチタン製の人工歯根を指し、この人工歯根を用いた治療をインプラント治療と言います。

インプラント治療は、失ってしまった歯の機能を蘇らせる治療法です。歯を失ってしまった部位の顎の骨にインプラントを埋め込み、その上から人工歯を被せることで、天然歯のような審美性・機能性を実現します。

当院のインプラント治療はこちら

インプラントと他の治療の比較

インプラント治療の他に、失った歯を補う治療法として「ブリッジ」「義歯(入れ歯)」というものがあります。以下ではこれら3つを比較しています。

  メリット デメリット
インプラント
歯の抜けた部位に人工歯根を埋め、人工歯を被せます

他の歯を削ることも負担をかけることもなく、外見・咬む力・食感いずれも自分の歯とほとんど変わりません。 保険が適用できないので、治療費が高額です。
ブリッジ
抜けた歯の両隣の歯を削り、クラウン(冠)を被せます

装着感はご自分の歯とほとんど変わりません。 両隣の歯を少なくとも2本は削らなくてはなりません。また、傾斜が強いときには神経も抜かなければなりません。
義歯
抜けた歯を支えるため、他の歯にバネや金具をかけて固定します

他の歯を削ることはほとんどありません。 金属が見えることがあり、食べものによっては外れやすくなります。咬む力も他の治療法に比べて弱く違和感もあります。